フォトグラファーになる



1966年、ニューヨークの雑誌社で働いていたリンダは、ローリング・ストーンズのプレス・レセプションに出席する機会を得て、このとき撮影できた唯一のカメラマンとなる。その写真が評価されて、リンダはフリーの写真家となり、さまざまなミュージシャンを撮影するようになった。

1967年、リンダはイギリスに渡り、ブライアン・エプスタインに作品を見せて気に入られる。そして、アルバム“SGT.PEPPER”の完成記念プレス・パーティに招待され、ビートルズを撮影した。


[もどる][リンダ関連ニュース][追悼ページTopへ][すすむ]