新着ニュース


「マッカートニー一家をそっとしておいて」

ポールの広報担当者は、リンダ・マッカートニーが亡くなったことについてポール自身が4月23日前にコメントを出すことはないと言い、今は家族のプライバシーを尊重してそっとしておいてほしいと呼びかけている。また、リンダが息をひきとったのは4月17日午前5時4分で、葬儀はすでにとり行なわれたことを明らかにした。イギリスの『イブニング・スタンダード』紙が伝えるところによれば、リンダが亡くなったサンタ・バーバラのマッカートニー家の別荘の近くでだびに付して、ごく近しい親族のあいだだけで葬儀をすませ、ポールと子どもたちは4月19日の夜にはイギリスの自宅に帰った。

マッカートニー夫妻と親しい脚本家のカーラ・レインはイギリスの『サン』紙とのインタビューで、「ポールは完全にうちのめされた状態にある」が、ポールは「妻の死を乗り越えることはできないが、僕たち家族はこの悲しみを乗り越えなければならない」と語ってくれたという。

リンゴとジョージのスポークスマンは、「ふたりはリンダの訃報に驚きを隠せず、すぐにポールにお悔やみの電話を入れた」ことを発表している。オノ・ヨーコのスポークスマンは、「ヨーコはたいへんなショック状態にあり、心から悲しんでいます。ヨーコは昨年リンダと話をしたばかりで、そのときのリンダの声のようすはいつもとまったく変わらず、とても元気に聞こえたということです」と話した。


[新着ニュース一覧にもどる][リンダ・マッカートニー関連ニュースTOPにもどる]