1998年4月:ベスト・ショット『ビートルズの歩み』


●リンゴ・スター
人生でもっとも幸福だったのは、自分がビートルズのメンバーだったことで、もっとも不幸だったのは観客としてビートルズを見られなかったことだ。

シングル・ヒットを飛ばし、アルバムには持ち前の人柄からさまざまなミュージシャンが参加。リンゴ自身も多くのミュージシャンのレコーディングに参加している。映画出演も多い。

代表アルバム『リンゴ』『グッドナイト・ウイーン』『タイム・テイクス・タイム』
PHOTO: (c) Apple Corps Limited.

[もどる][インデックスへ]