1998年12月:『1998年のビートルズをふりかえる』


ビートルズ・ジュニアがあいついで来日
ジュリアン・レノンとショーン・レノンが同じく5月にアルバムをリリースし、秋にはあいついで来日をはたした。 ジュリアンは7年ぶりのアルバム『フォトグラフ・スマイル』を発表。「これが真のファースト・アルバムのような気がしている」という会心作で、各国で高い評価を受けている。7月の「プリンス・トラスト」など、ヨーロッパでは大規模なコンサートにも登場。9月から10月にかけてプロモーションのために来日し、東京、大阪、名古屋、札幌などでミニ・ライブを披露し、テレビやラジオにも数多く出演した。

ショーンはビースティ・ボーイズのグランド・ロイヤルからアルバム『イン・トゥ・ザ・サン』でレコード・デビュー。6月にチャリティ・コンサート「チベタン・フリーダム」に出演したほか、アメリカ、ヨーロッパでコンサート・ツアーを積極的に展開。9月には東京、大阪、名古屋で初の来日公演を行なったほか、10月には日本のCMにも登場した。

パリの名門ブランドであるクロエのチーフ・デザイナーをつとめるステラ・マッカートニーは、'99春夏コレクションの発表のため11月に来日。ショーは両国国技館で行なわれ、ステラ自身も笑顔で登場した。

ビートルズ・ジュニアとしてはもうひとり、ザック・スターキーの活躍も見のがせない。ザックはロック・シンフォニー・コンサートのツアーに参加してアメリカ各地をまわるなど、ドラマーとしての活躍の幅をさらに広げている。




PHOTO: (C) The Beatles Club

[もどる][すすむ]