1999年10月:『ジョンのメガネ』



左は1968年、インドへ瞑想の旅に出かけたころのジョン。フレームが金で鼻パッドのないタイプのメガネをかけている。ジョンは後年鼻パッドがないものを好んだということなので、このメガネの使用頻度のほうが高かったかもしれない。また、写真右、ケンウッドの自宅スタジオでキーボードの上に置かれているメガネ(これも同じタイプ)を見てもわかるように、ジョンが好んだ丸メガネのもうひとつの特徴は、テンプル(つる)が耳全体にひっかかるワイヤー型だったことだ。
PHOTO: (C) The Beatles Club

[もどる][インデックスへ][すすむ]