2000年2月:『ジョージの恋人はギター』


1967年、『サージェント・ペパー』のセッション。アコースティック系のギターをチューニングするとき、ジョージはこうやって顔をギターのボディにくっけるようにして音の響きを確かめていることが多いようだ。ああ、ギターになりたい…。
PHOTO: (C) The Beatles Club

[もどる][インデックスへ][すすむ]