ジョージ・ハリスン・メモリアル・イベント・レポート




このあと、アーティスト全員がステージに戻って、客席と一緒に「マイ・スウィート・ロード」を歌うことに。あの印象的なリフレインのフレーズ“ハレルヤ”と“ハレクリシュナ”のところを一緒にくり返すようにと財津が指導し、しばし練習。さあ、準備は整った。アコギのストロークの先導で、ジョージ畢生の名曲の大合唱が始まる。木暮のスライド・ギターもいい味を出していた。いつまでも続く“ハレルヤ”のコーラス。ステージの、そして客席のジョージへの思いは一体となって大団円を迎えた。



[もどる][インデックスへ][すすむ]