「George Harrison Memorial Event 」レポート


そして、同じく今回も出演を果たした小暮シャケ武彦が登場。‘While My Guitar Gently Weeps’で泣きのギター・ソロを披露。メイン・ボーカルはオシバが担当。

2曲目は‘Wah-Wah’、タイトルどおりワウワウ・ギターが印象的なナンバーで、ギタリストらしい選曲です。メイン・ボーカルは白浜。 次の曲は‘I Me Mine’。

この曲ではシャケがボーカルも披露。渾身のギター・プレイに会場も魅了されていました。 シャケがいったんステージを去り、ここでタケカワユキヒデが登場。

斎藤代表とのトークで「ジョージの死はまるで身内を亡くしたようだった」とリアルタイム世代を代表するかのような感慨をもらしました。そのタケカワが選んだのは‘I Want To Tell You’‘Don't Bother Me’の2曲。

ジョージが失うことなく持ち続けた、ある種のみずみずしさが感じられる伸びのある歌声に、会場全体が明るい雰囲気に包まれました。


Photo: BCC PHOTO LIBRARY



[もどる][インデックスへ][すすむ]