●ジョンの部屋
ジョンはよくミミに言いました。「勝手に僕の部屋を掃除するなよ。放っといてくれ、僕が自分でやるよ」。でも多くのティーンエイジャーと同じく、ジョンは部屋をきれいにしたこともあるといいます。
こんなジョンも、幼いころは片手にパンダ、片手にテディ・ベアを抱えてベッドで寝ていました。寝つくまでミミが歌を歌っていたことをジョンはしっかり覚えていました。

ヨーコ「ジョンはよくここで曲を書いていたそうですよ。ミミがのぞきに来たりすると、内容がわからないように、難解な言葉で書いたりしていたそうです…そんなことも、超現実主義的なものが彼の曲に現れた理由のひとつかもしれませんね(笑)」




[インデックスへ][すすむ]